top of page

おいしい

菊川の深むし茶

をお届けします

急須と湯呑
緑和紙

松永茶舗のこだわり

松永茶舗は、お茶どころ菊川で、明治20年に創業した老舗の茶問屋です。「菊川の地で育まれた、おいしい深むし茶をお届けしたい」という一心で、日々、お茶づくりに情熱を注いでいます。その想いは、創業以来120余年、少しも変わることがありません。

茶葉

原料の荒茶は静岡産100% 地元の信頼できる茶農家と提携

おいしいお茶は、原料となる荒茶の良し悪しで決まります。松永茶舗では、すべての荒茶を提携している地元の茶農家から仕入れています。創業以来、築き上げてきた茶農家のみなさんとの信頼関係。これこそが、おいしいお茶づくりに欠かせないと考えているからです。また、おいしいお茶づくりには、荒茶を選ぶ技量も重要となってきます。5月の新茶期、毎朝運び込まれる数十種類の荒茶。それらひとつひとつをこの道20年以上の茶職人が丁寧にテイスティングし、十分に吟味を重ねて荒茶を厳選しています。

老舗に伝わる伝統技術が息づく お茶の味を決める「火入れ」作業

お茶の味の決め手となるのが、火入れ。火入れとは、茶葉を高温で炒る作業のことです。同じ茶葉でも、各お茶屋さんによって特長が異なります。松永茶舗では、五代目当主 松永辰雄自ら、火入れ作業を行っています。それぞれの茶葉の個性を引き立たせるためのさまざまな工夫、その日の温度や湿度によっても、微妙なさじ加減が求められます。最新機械でもなしえない、長年培われた技です。

直販ならでは!新鮮でおいしいお茶を安価でお届け

お茶は毎日飲むものだから、おいしいお茶をできるだけお安くご提供したい。松永茶舗では、流通コストをカットするため、当初より出店はせず、産地自社工場よりお客様のお宅に直送する「直販」の販売方法をとっています。直販ならではの「高品質な材料」「新鮮」「安価」を実現しました。

深むし茶とは、普通の煎茶より蒸し具合が深いお茶のことをいいます。

山間の茶葉などは、日ざしがやわらかいため葉肉が薄いのですが、菊川の茶葉は、日ざしに恵まれて葉肉が厚くなります。そのため、渋みが強く、製造工程の最初の段階で生葉を蒸す際に、通常よりも1~2分ほど長く、時間をかけて蒸す「深むし」製法が一般的となっています。深く蒸すことで渋みの元となる成分が抑えられ、緑色が濃く、深みのあるまろやかな味わいになります。

取扱商品のご案内

松永の深蒸し茶

3つゆの里100g
深むし茶

松永のお番茶類

くき茶きくがわ

ティーバッグ

抹茶入煎茶ティーバッグ(5g×20ヶ入)

お茶うけ・食事のおともに

八十八夜やぶきた羊かん10個入

お知らせ

よくあるご質問

お客様からお問い合わせの多いご質問をまとめました

  • お茶の保存方法を教えてください。
    未開封のお茶につきましては、冷蔵庫か冷凍庫での保存が最適です。 ただし、冷えたままの開封は湿度に弱いので、お茶の痛みを早めますから注意してください。 お茶の品質低下の原因は、湿度(暑い場所)、水分(湿度が高い)、紫外線(日光)、におい(お茶はにおいを吸収)です。 一度開封したお茶は、密閉性のよい缶などへ入れ替えるか、当社のチャック付平袋で、上記の原因に あてはまらない所に保存してください。 尚、開封したお茶は早めに(半月程度)お召し上がりください。
  • 茶葉が細かいのですが・・・
    当店のお茶はすべて深むし茶です。 茶葉を蒸すことで作られる緑茶ですが、深むし茶は通常の蒸し時間よりも長めに蒸して作られます。 そのため茶葉が砕けやすくなり、細かなお茶となります。
  • 深むし茶の特徴は?
    長めに蒸すことにより、味がまろやかになり甘みのある味わいが楽しめます。 水色も深い緑色となり、浸出時間も短くできるため(30秒程)手軽においしいお茶をいただけます。
  • お茶の賞味期限はどれぐらいですか?
    お茶の袋は真空パックにするものと、窒素ガスを充填するものがあります。 どちらも、袋の中は同じ状態で新鮮さを保つことができます。当社では、窒素ガス充填方式をとっておりますので、袋が少しふかふかしていますがご心配いりません。未開封の状態での賞味期限は1年です。 ただし、いくら未開封でも保管状態が悪いと痛む場合がありますので、保存方法を参考にしてください。
  • おいしいお茶の淹れ方は?
    以下の点に注意して淹れてください。 茶葉の量 深むし茶の特徴として、水色はたいへん濃くでますが渋みが少ないので、味は意外と薄く感じます。茶葉は多めに入れてください。 浸出時間 お湯を入れてから注ぐまでの時間は、30秒程待ってから少しずつ注ぎ、最後の一滴まで注ぎきることがポイントです。 お湯の温度 熱すぎると美味しく淹れられません。75~80度位が適温です。湯ざましなど使うと便利です。
店舗情報

​店舗情報

名称

株式会社松永茶舗

住所

〒439-0018 静岡県菊川市本所1180-1番地

電話番号

0537-35-3366

FAX番号

0120-46-4117

営業時間

午前8:30~午後5:00

定休日

日曜日、祝日(5月の祝日は営業します)

年末年始、夏期8月11日~8月16日

株式会社松永茶舗外観
株式会社松永茶舗内観
bottom of page